1/15

竹聲館 革手持ちバスケット

¥23,100 税込

SOLD OUT

¥11,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

大分県を代表する竹細工作家、竹の道40年以上の竹工芸家高見八州洋氏と竹の道歴30年の妻綾子さんが作り上げる竹の工房竹聲館。

こちらの竹聲館で作られた、手編みのバスケット。持ち手は、より機能的に、そして現代の服のコーディネートにもぴったりの本革レザーハンドルを採用。盛りカゴ同様、前後ろ横‥どこから見てもその佇まいは優しく凛としています。ヌメ革のナチュラルカラーの方は、竹の経年による変化とともに、持ち手の色の変化もともに楽しむことができます。

ベーカリーなどに行く際のパンカゴにしてもよし、花入や、インテリアの整理収納にも。無駄がなくシンプルで、涼やかな印象。何を入れても映えるところが、まさに竹籠の器の大きさです。

【サイズ】
・横幅 32 x 奥行18 x 高さ16cm


【素材】
国産竹

【取り扱いについて】
竹は湿気に弱いと言われています。乾燥を心がけてください。また天日に長く干すと変色することがあります。

商品をアプリでお気に入り

【高見八州洋プロフィール】
昭和32年(1957)日田市生まれ。
昭和53年野々下一幸に師事、
昭和56年宮崎珠太郎に師事
昭和59年独立。
平成元年以降日本クラフト展出品、大分県内外にて度々個展開催。
平成23年日本クラフト展審査員。
テーブルウェアやインテリア用品、文具、バッグ等多岐にわたるクラフト作品を制作し、大分県を代表する竹クラフト作家の1人。

  • レビュー

    (25)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥23,100 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品